« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月26日 (金)

御見送り

今日、御見送りに遭遇・・・しかも2回。

ま、だれしも御見送りしてもらう機会があるのだから、「なんでまた」なんて言うのは不遜かもしれない。

ちなみに親指は隠しませんでした。(コッチの方が不遜?)

[WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

お願いだから、‘その席’立ち退いて?

自民党の武部幹事長さんが、郵政民営化法案に反対した造反組立候補者さん達に向けて、

自主的に離党してくれる事を期待している

という旨の個人的要請発言をされたそうで(マスコミインタビューに応じた内容の一部)。

自主的に離党して、完全な無所属議員として選挙戦に臨むのであれば、

「いつかそのうち一緒にやる日が来るやもしれない」

という発言もされているのを、NHKのニュース(*1)で聞きました。

「いつかそのうち」という部分に、
「当選への急坂を自力で這い上がったら凱旋」なのか、「途中で力尽きて落選したら、一党員としてやり直し」なのか、はたまた、「造反に怒ってる総裁が交代したらお仕置き終了」なのか
あいまいモコとした意味合いを感じてしまいます・・・・・・

「離党せずに立候補したら、いずれは離党勧告(従わない場合は除名)になる」って部分のわかりやすさとの対比は、いったい何なのでしょう?

自党の地方組織自体が造反しそうな地域がいくつもあって、そこを抑えようとしてるのかな?「党籍は持ってるんだから、なじみの人がいい」って、言えないように。

なんだか、しゃべってた幹事長さんも辛そう・・・

(*1)午後9時と午後10時のニュースです。(8/23)



[関連記事:]

谷底から自力で這い上がって言う事を聞けば許すの?

[政治ってやっかい WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

谷底から自力で這い上がって言う事を聞けば許すの?

郵政民営化法案造反組に関して、某所でなんともきな臭いお話を聞いてしまいました。

(1)法案に反対した自民党所属(前)衆議院議員さんに対し、党籍から離れるよう離党勧告処分を発行(勧告に従わない場合は除名処分で強制的に党籍から離す)

(2)衆議院選挙を無所属(党の支援無し)で戦い、当選できるかどうか各人に努力してしてもらう。

(3)衆議院選挙後に開会される特別国会で、再び上程された郵政民営化法案が可決成立したら、(前回の)造反組も党籍を回復する事ができる。

・・・これって、もしかして、“選挙の洗礼という荒波に耐え抜いて上で、「もう造反しません」と詫びを入れれば、自民党員として活動できる”って意味かしら?

そいえば、欠席・棄権組も誓約書と引き換えに公認をもらったんでしたっけ?

そうまでして通したいの?って思いも沸いちゃうけど、この辞職勧告話、本当かしら?

[WenWen]

※きな臭いお話の参考元は、8月19日付『中国新聞』「一面」です。(8/22追記)

※朝日新聞も8月22日付で、造反組無所属立候補者に対する離党勧告方針の記事を載せたようで。( http://www.asahi.com/politics/update/0822/004.html  ; 06時08分掲載)(8/22追記)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年8月 8日 (月)

自殺サイトを介して志願者が連絡を取ったら

「練炭を使った自殺に参加する方を募っています」
“同行”の志と信じて、実際に相手と出会ったら、実は殺す獲物を捜しているだけで相手自身は自殺する気は無かった・・・

なんか小説か何かで作られたような話が現実に起こっていたとは、にわかには信じがたいです。しかも獲物にされてしまったのは3人とか。

『そのまま放っておいても自殺する気になるであろう、サイトの募集書き込みに反応する人間なら、殺しても「自殺するのを助けたんだ」と言いぬけ易いに違いない』

もし、刑事裁判になったときにこんな考えの下で被告人主張を展開したとしたら、個人的には逆に重い罰を宣告したくなる。

息の止まっていく様が性的興奮を呼び覚ますからという動機も、『動悸打つほど興奮するのは1人で勝手にお願いします』と言いたくなる。

いったい、どうなってしまったのだろう?この世界。

『自殺志願の仲間を捜す時は、相手が本当に一緒に逝ってくれる気があるのか、よく確かめてから会ってください』なんて注意書きが要るのでしょうか?

逝かないで済むのなら、同行の士を捜すのは止めましょう・・・

今回のような「どうせ死にたがってる相手だから」って、オモチャ扱いをされる可能性が十分考えられますから。

(用いた情報の元は昨日辺りから流れているTVニュース)

[ウチのもののけも少々危険だが  WenWen]

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »