« ‘割れそう窓’の探し当てと修理 | トップページ | 図書館でネット使ってたら・・・ »

2005年12月11日 (日)

カッとなって準備済みの凶器で攻撃しちゃう不思議さ

京都の塾で起きた、アルバイト講師による塾生徒の刺殺事件・・・

「あっちに行ってと言われて、カッとなって凶行に及んだ」という話と、「凶器になった刃物(未使用品を含む)が、犯行日の1週間位前には準備されていた」という話に感じる、大きなズレをどう解釈したらいいのだろう?

たまたま個人的に購入していた刃物が、たまたまカッとなった瞬間に塾の教室にあった・・・・なんて、

どっから刃物がアルバイト講師の手元へと、自らはせ参じたんぢゃい!

な事は、あり得ないすよね。ロケット推進の刃物なんてお店で売られているの見たことないもの。

カッとなって凶行が始まったという「感情暴走による偶発事件」という話と、事前に凶器を準備しているって「ご利用の際は計画的に」を遵守しなけりゃ起こり得ない話を、両立させようとしたら・・・

「次‥何かやらかしたら思いっきり叩いてヤルからな・・・(危険な目)」

と、最後通告の類を胸の内に秘めていたとしか、私には思えない。

『そりが合わなかった』って、いったいどういう意味なのだろう?

思い入れのたっぷりのゲームキャラクター等を、「そんなキャラ、カス。今のトレンドは●○だぜ」とけなされまくって、(コイツだけは、コロス)と、敵意120%状態になるのに、似た状態なのかしら?

本当に犯行に及ぶ所までいってしまうと、私には理解しがたい世界になってしまうけど・・・日本海溝並みの深い思い入れなんてのがあるのだとしたら、殺生沙汰になる事もあるのかもしれないなぁ。

110番、自分で掛けときながら、教室の内側から鍵掛けて突入を阻止するという不思議な行動もあるけど・・・・作戦終了したら投降するってシナリオだったのかな?

[書いててどんどん沈んじゃう WenWen]

|

« ‘割れそう窓’の探し当てと修理 | トップページ | 図書館でネット使ってたら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100178/7577858

この記事へのトラックバック一覧です: カッとなって準備済みの凶器で攻撃しちゃう不思議さ:

« ‘割れそう窓’の探し当てと修理 | トップページ | 図書館でネット使ってたら・・・ »