« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

「誰も寝てはならぬ」と金演技!?

フィギュアスケート女子で金メダルを授与された荒川静香選手がフリー演技で用いた曲:歌劇「トゥーランドット」の中に含まれるアリア(詠唱)の名が、『誰も寝てはならぬ』なのだそうで。

確か、演技直前に曲目を変更したような気もするのだけど・・・

アリア通りに、『誰も寝てはならぬ』状態となってしまいましたね。本人を含めて。

(参考情報は、『中国新聞』天風録“天風録クールビューティーの笑顔('06/2/25付)”です)

[目標通りにエキシビションへ出られて良かったですね WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年2月20日 (月)

これ、何の紙?

近所を散歩してたら、金具で隅を束ねられた紙を発見。一番上の紙には手書きの丸囲みも入っている。

・・・うぇ!これ、顧客リストじゃあ!

氏名、住所、電話番号に加えて、一定期間ごとに販売した金額や商品名の概略が書いてある。こんな大事なもの、どこの会社の担当者がほっかしたんね。

顧客担当者名と管理コードと考えられる記述はあるけど、どこの会社の持ち物かがわからん‥リストに載ってる方宛に、

「お宅の住所等を記載した書類を見つけました。◎◎(顧客担当者名)という方に連絡を取りたいのですが、ご面識はありますか?」

なんて、飛び込み掛けるわけにゃいけないし。

かといって、捨て置くと、誰が咥えていっちゃうかわかんない。

何日も雨に濡れたまま放置してあることだし、プリントアウトしたと考えられる紙なら・・・
やっぱ、怒られるかしら?勝手に焼き捨てたら。

[処置に困るので早く引き取ってください。確か12ページあります WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

トリノのメダルはなかなか微笑んでくれないようで

日本選手団がトリノオリンピックで得た最高順位は今のところ、4位。(スケート女子団体追い抜き、スピードスケートの女子五百メートル、男子スピードスケート五百メートル)

想定獲得数5個という値からみれば、厳しい結果‥とはいえ、勝負はまだ残っている。敵失で勝ち上がりという事もあるし。

・・・「近々に」とメダル要求を出し過ぎると、逆に「氷の女王さま」のご機嫌を損ねて貰える物まで貰えなくなるかもしれないし。

試技そのものを楽しむ方向で眺める事にしよう。穴あきメダルの個数数えはその後で。

[WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

拾いモノ?ザウルス

もののけの机に見慣れない小形物体が・・・あれ?これ「Zaurus」って書いてあるじゃない。

知らない間に、どっから拾って来たのよ〜。

しかも、見かけない挿入カードと用途不明の起動アプリケーションが入ってる。いったいこれは・・・(ー_ ー;

こっそりいじくったら、[1]から[12]までの枠囲み表示とか[前頁][次頁]とか電器製品を作ってるメーカ名とかが、表示部に現れた。

・・・まるで、テレビのリモコンボタンを模したような。
家庭用の多機能リモコンだったら、わざわざザウルスを購入しなくても市販品があるっしょ?

な〜んで、もののけがこんなけったいな代物触ってんね?白状しなさい。

[WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

こんなタマと密閉されるのはイヤだ!

 児童と幼児計4人を公園のトイレに閉じこめ、わいせつな行為を見せたとして、鹿児島県警名瀬署は4日、同県奄美大島内の小中学校臨時採用教員、森本祐貴容疑者(27)=同県宇検村=を監禁と県青少年保護育成条例違反で現行犯逮捕した。
(Mainichi INTERACTIVE 2006年2月4日 19時30分(最終更新時間 2月4日 22時43分)(*1))

公園で遊んでいたら「トイレの場所を教えて」と声をかけられて、公園内の男子トイレ個室に連れ込まれちゃうとは・・・・・安易に公園案内もできないじゃない。

幼な子に自分のXX見せて楽しいのかなぁ・・・しかも、男女混合の密集密室にして。

ひとり遊びに児童・幼児を巻き込まないで。臨時とはいえ、小中学校の教師しょ?

・・・って余罪疑われてる人に諭してもダメかなぁ。「教育者として子どもたちに悪いことをした」って頭ではわかっていても・・・・なんてカラダは疼いているかもしれないもの。

こりゃ、採用時に色事な嗜好検査が必要になるかもしれないな~。

(*1)“教諭逮捕:小学生らにみだらな行為みせた疑い 鹿児島

(補足:『YOMIURI ONLINE』“公園トイレで児童ら4人にいたずら…わいせつ教員逮捕”(2006年2月5日2時9分))

[WenWen]

| | コメント (0)

豪雪もタマには霊救う?

オーストリアのハルシュタット町の警察によると、同町で30日、ヘリコプターからロープでぶら下がり作業修理中の42歳男性が約39メートル下の地面に誤って落下、豪雪がクッションの役目を果たし、無傷で一命を取りとめたと述べた。
(CNN.co.jp 2月1日 19:22)

地上約39メートルって、街中に立っている電柱を2.5~3本継ぎ足した高さだよネェ‥建物だと、16~17階位はあるよ。

建物から転落して命が助かったというニュースはあっても、骨一本傷なしってニュースはまず無い・・・ほんま、「笑いで済んで良かったな、『こぼれ話』ニュース」でんな。

高所では命綱をしっかり結んでおきましょう。それとも、体重でカラビナ壊れたの?

(『CNN.co.jp』から使用したこぼれ話の表題は、“ヘリから約39メートル落下、豪雪幸いし無傷に”です)

[WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »