« おとうさんと一緒(抱っこ) | トップページ | こんなタマと密閉されるのはイヤだ! »

2006年2月 5日 (日)

豪雪もタマには霊救う?

オーストリアのハルシュタット町の警察によると、同町で30日、ヘリコプターからロープでぶら下がり作業修理中の42歳男性が約39メートル下の地面に誤って落下、豪雪がクッションの役目を果たし、無傷で一命を取りとめたと述べた。
(CNN.co.jp 2月1日 19:22)

地上約39メートルって、街中に立っている電柱を2.5~3本継ぎ足した高さだよネェ‥建物だと、16~17階位はあるよ。

建物から転落して命が助かったというニュースはあっても、骨一本傷なしってニュースはまず無い・・・ほんま、「笑いで済んで良かったな、『こぼれ話』ニュース」でんな。

高所では命綱をしっかり結んでおきましょう。それとも、体重でカラビナ壊れたの?

(『CNN.co.jp』から使用したこぼれ話の表題は、“ヘリから約39メートル落下、豪雪幸いし無傷に”です)

[WenWen]

|

« おとうさんと一緒(抱っこ) | トップページ | こんなタマと密閉されるのはイヤだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100178/8510862

この記事へのトラックバック一覧です: 豪雪もタマには霊救う?:

« おとうさんと一緒(抱っこ) | トップページ | こんなタマと密閉されるのはイヤだ! »