« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

餌を釣る技量だけは上手な男の子(困)

名古屋市内に住む中学3年の少年(14)が、ゲーム配信会社「NHNJapan(ジャパン)」の運営する会員制オンラインゲームサイトの偽HPを構築、計94人誘導できた会員達に会員IDとメールアドレスを書き込ませ、捕獲した会員IDを使って正規サイトに約350回アクセスした。

ここまでは、フィッシング行為と他人へのなりすましの範疇(すでにイケナイ世界だけどね

問題は、ここから後。

捕獲した会員IDの正規サイト上のパスワードを勝手に書き換えて、本来の会員ID所有者である小中学校の女子児童や女子生徒などに

「HPに入れるようにしてほしかったら裸の写真を送れ」

などと脅迫メールを送り、

計十数人からわいせつな写真もメールで送らせていた。

こら!凸ー"-)

このエロ♂!!(←だよね?)

煩悩とタダ乗りを実現する為にゃ、有料ゲームサイトも踏み台にブッコ抜くってか?

「やっかいな会員を入会させちゃいましたね、NHNJapan(ジャパン)さん」‥ってなオチも付いてるでしょうね、きっと。

“未性年初のフィッシング野郎”なんて称えられても困るし。

--

エロ♂の手から流出していなければいいけど・・・・・・脅されて送っちゃった恥ずかしい写真・・・

(元情報は、『YOMIURI ONLINE』“14歳をフィッシング行為で摘発、少女らに脅迫メール”(2006/05/30 12:49))

[でっかいお灸据えなくっちゃ...尻に WenWen]

追記:

『Mainichi INTERACTIVE』の記事:“フィッシング:中3男子、ハンゲーム名乗り 少女にわいせつ画像要求も”(2006/05/30)によると、

「ゲームのアイテムが欲しくてやったが、エスカレートして女の子を脅してしまった」

と言うことだけど、

もしかして、会員の女の子の裸写真等もせしめるゲームアイテムの一部と考えていたのかな?

ゲーム会社の社員を装った「ゲーム内で違反行為があった」旨の偽メールを、会員の小中学生の少女らに送るまでして、自分が開設した偽HPに誘導するなんて・・・うっかりゲーム内のおしゃべり等で自分のメアドを教える事も、管理者関係者を名乗るゲームキャラの通告を信用する事もできないわねぇー。

「僕(わたし)に届いた管理者からのメールがこんなことを伝えていたよー」
なんて伝聞も、内容を自分で再確認してから・・・ですね。こりゃ。

・・・にしても小学校4年生から親のパソコンでゲームしてた結果が、これかぁ・・・
お父さん、パソコン使用禁止令を出してくださいね。このエロ少年には。

※「あいまいだいありー」さん(“はぁ。”(2006/05/30付))、情報ありがとうございました。(トラックバック通らなくてごめんなさい)

(以上、2006/05/31 06:23追記)

http://sopetioyan.exblog.jp/2185722/

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年5月27日 (土)

馬の目にもコンタクトレンズ!?

酪農学園大学と名古屋市のコンタクトレンズメーカーが共同で、馬用のコンタクトレンズを実用化すべく研究を続けているそうな。レンズの直径は約3.5cm‥面積比では人間用の何倍になるのでしょ?

本物の馬を使う目に合うレンズの採寸を行なってまで、馬用コンタクトレンズを開発する理由はと言うと・・・

競走馬がダートコース等を疾走中に、先陣の馬がはね挙げる土くれや埃から目を守る為。よって、視力矯正用の度は入っていないそうです。

塩素入りプールの水から目を護る為のゴーグルのようなものだと考えればいいのかな?

ところでこの、名古屋市のコンタクトレンズメーカーって、どこ?なんとなく想像付くのですが(笑)>26日の『ニュースウォッチ9』を流したNHKさま

---

ネットを検索してたら、「ホッカイドウ競馬」のページに、同じ話題がNHKのローカルニュース番組にて先行放送された考えられる広報記事が載っているのを発見。

反響が大きいと判断して、全国ニュースでも取り上げたのかしらん?

・「ホッカイドウ競馬」の当該ページ(“NHK ほくほくテレビニュース 「馬の目のコンタクトレンズ」の放送案内”)
http://www.hokkaidokeiba.net/topics/index.php3?p_tcd=0000000362

NHK ほくほくテレビニュース(NHK札幌放送局)のページ(不定期更新)
http://www.nhk.or.jp/sapporo/hokuhoku/news/news.html

[WenWen]

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年5月19日 (金)

40歳からのボディービル!?

ムキムキマッチョになるイメージが強いボディービルを40歳から始められた方が、自身のトレーニング体験を生かした運動教室を中高年の方を対象に開くそうで。

とはいっても、シニア競技会に出る訓練方法を教えるわけではなく、「体のケアをして、元気な老後を過ごそう」という趣旨のようで。

・・・高齢者医療費の抑制にも繋がるかな?(保険掛け金を支払う側の独り言)
老齢年金の受給者が増えて、年金掛け金は高くなりそうだけど(同上)

なお、教室の内容は、

  • 息を止めないように(血圧上がって逝くかも)
  • 反動をつけない(関節痛で寝込むかも)

といった、体に優しい動きを心がけたものとなるそうで。

・・・ビルダー歴10年のその前歴がマラソンランナーやトライアスリートってんだから、痛い体験もたくさんしていそう。

(使用情報元は、『中国新聞』(ネット)“40歳からボディービル”(2006/05/19午後分)です)

[外は泣いたり笑ったり(今日の天気) WenWen@時を修復]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »