« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月24日 (木)

シュレッダーで子の指までシュレッダー

事務用シュレッダーで幼児が指をまきこまれ切断する事故・・・

  • 今年3月10日、「アイリスオーヤマ」(仙台市)社製の「SCA―410D」(高さ約60cm)に、静岡市内の女児(2歳)が両手を差し込み、指が9本切断された
  • 今年7月15日「カール事務器」(東京都葛飾区)社製の「DS―4000」(高さ55cm)に、東京都板橋区の男児(2)が左手を巻き込まれ、指が2本切断された

昨日の昼下がりの『YOMIURI ONLINE』や昨夜の『NHKニュース7』で報道し始めた時は、「あぁ、かわいそうに、大量文書を処分する事務用機器が自宅兼事務所に置いてあったが為の事故なのねぇ」と思っていたのだけど・・

一夜明けて今朝のNHK『おはよう日本』を観ていたら、「実は20年以上前から同様の事故が起きていた事がわかりました」・・・

へ?夜を徹して取材を続けたら、新たな事故情報が官庁だかメーカーだか知らないけど出てきたって?

追加情報:

  • 各地の消費生活センターなどに少なくとも6件の子どもの事故情報の届け出
  • 昭和60年から平成9年までの12年間に「リコー」が販売した紙シュレッダーでも子どもが指にけがをする事故が7件(うち、平成5年には、幼稚園に通う子どもの3本の指先がつぶれてしまう事故)

NHK『ニュースウォッチ9』などで流していた、「廃棄紙の投入口の紙厚方法の幅を、幼児の指が入らない幅に狭める」対策説明といい、報道素材の準備が良過ぎやしないだろか??経済産業省本省も、今まで、ほとんど事故情報を把握できていなかったんでしょ?

経済産業省は、これまで任意だった報告制度を法的に義務づけられないか検討することになりました

って落としで、「安全に配慮したシュレッダーでは指は落ちません」という広報を兼ねているのかしら?

・・・ただ、口が小さくなって一度に投入廃棄できる秘密文書の枚数が減ってしまうのも、痛し痒しかも。

「子供立ち入り禁止」の柵でも作る??SOHO家庭も含めて。

(使用情報は、

  1. 上述のNHK『ニュース7』『ニュースウォッチ9』『おはよう日本』、
  2. 『NHKオンライン』“シュレッダー 報告義務づけへ”(2006/08/24 04:34)、
  3. 『YOMIURI ONLINE』“事務用シュレッダーで幼児2人が指切断”(2006/08/23 13:40)、
  4. 『YOMIURI ONLINE』“シュレッダー事故、以前に3件…経産省把握は1件だけ”(2006/08/24 03:09)))

[WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

もののけ列車

真夜中の踏切で突然、警報機が鳴り出し、遮断機が下りる‥

(終列車はとっくに通過したのに、いったいなぜ・・・?)

やがて、遠くからカタコトという乾いた音が。

いつものように警報機が鳴り、遮断機が下りた後に掛かる時間で、その“ダイヤに無い列車”は、踏切にやってきた。

ライトも車内の明かりも付けず、心なしか普段より静かな音を立て、目の前の踏切を列車は通過。

(運転してるのは・・・誰?どこへ向かう列車なの?)

何の表示も無い列車が通過すると、普段と変わらぬように、警報機と遮断機が元に戻った。

---

境線でのでき事だったとしたら、「夏の妖怪話」として、ぴったりだったのになぁ。

(参考にしたのは、『スポニチアネックスOSAKA』“無人列車8.5キロ走る…真夏の夜のミステーク”です)

[WenWen]

スパム対策URL:
http://kaz3916.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_5fcc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

保育園と幼稚園との棲み分け等々についてお知恵拝借

某自治体にある私立の幼稚園から届いた折り込みチラシ。

求人ついでにお知恵廃嫡

園児送迎バスの運転手募集の裏側には、

  • (当自治体内の)幼稚園・保育園・児童館についての現実的に不満と感じるを教えてください
  • 改善する為の意見・提案
  • 他自治体などでの経験などから、良い、悪いと感じた事例

を、この幼稚園へ連絡して欲しいとの文面が。

このチラシを配布した幼稚園自身に対する、意見・感想・その他諸々も、当然のごとく受け付け。

少子化で減っていく入園候補者を、保育園とも奪い合わなくてはいけなくなった、この幼稚園の生き残り改善策を、当の父母等から直接聞き取ろうってのかしら?

[受付はFAXかE-mailかぁ // WenWen@電話じゃ仕事にならぬ?]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »