« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月 1日 (金)

あ〜ぁ、この国旗国歌の教育的指導管理って

この話が本当なのだとしたら、「卒業式等の式典で国歌(現在は「君が代」)斉唱時の起立等を拒否した教職員の人数を逐次調査、人事考課などにまで反映」ってかつての騒ぎは、結局、なんだったのだろう?

“ほとんどの学校行事から国旗国歌が姿を消した背後に自民党”
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20110204-11394/1.htm#TB_inline?height=180&width=440&inlineId=mainLink
(『NEWSポストセブン』掲載の書評(@niftyニュース経由);書評対象は『SAPIO』2011年2月9・16日号』)

ちょいと、うちのもののけの文章の書き方を拝借すると、

(A)「国旗は日の丸」「国歌は君が代」、コレしか無いと考えている方向けの対応:
1989年の学習指導要領の改訂に際し、

国旗掲揚、国歌斉唱が「望ましい」としていたものから、「指導するものとする」に変更した。そして、表面的には自民党支持の保守層にいい顔をする

(B)「国旗は日の丸」「国歌は君が代」という定義に反発している方向けの対応:

国民の祝日などにも国旗国歌が望ましいとしていたのを、「入学式や卒業式」と限定した

ことにより、
(1989年の学習指導要領の改訂の)内容面では日教組にも配慮する。

(C)政権交代の実現により、政権与党側の多数派党が、自民党から民主党に変わったのに伴い、日教組は

(現在の日本の国歌や国旗をどうしたいのかについて)今度は堂々と、自分たちの意見を通そうとしている

という状況に。(下野した旧政権与党である自民党と交わした、学校行事内での現在の国旗国歌の使用を「入学式や卒業式」と限定するという約束は、無かった扱いになったのでしょう、おそらく)


なんて、ドロドロとした権謀術数(中国大陸では、コレも才覚のうちとされているらしい)が渦巻いている事になりますね〜。

全ては、近々行なわれる統一地方選挙の関わる選挙得票数などへの算盤協力が関係してるンダロナ・・・って、横っちょで、「キッチリ書けって!」とぶつくさ言ってる『電波塔管理者』のがいるので、書くけど・・・

続きを読む "あ〜ぁ、この国旗国歌の教育的指導管理って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »