2008年5月17日 (土)

鶏の値付けも顔しだい!?

隣り合って並べてある鶏の揚げ物・・・一方は100グラムあたり238円、もう一方は100グラムあたり168円。

値上げの季節だけに、168円の方に手が出そうになるけど・・・238円の包装には某知事似のイラストシールが。

う~ん、国内産鶏と明示した分の“ブランド料”が上乗せされてるのね。節約を取るか、出自の表示を取るか・・・どっちをとりましょう??

[今夜のまんまは・・・ WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

知ったがゆえに泣くことも‥

「消費期限切れの原材料を使用した製造された鮨」に「牛の排泄物から抽出されたバニラの香り」を使用した製品・・・かぁ。どっちかを必ず買わなきゃいけないっ!と言われても遠慮したいなぁ。

ま、排泄物から抽出したバニラの香り(バニリン)の方は、「この方法で抽出したバニリンは食物には向かないかも」って、抽出成果を発表された研究者さん自身が語ったようだから、食品には用いられないだろうけど。

ただ、「原材料の仕入れ過ぎの解消」って、消費期限切れ入り鮨の製造動機と、「バニラ豆から抽出する場合の約半分のコストでバニリンが抽出できる」って、競争力強化の誘惑が、重ならなきゃいいなとも、心配を。シャンプーやロウソクに添加する芳香成分などへの転用は想定されているようだもの。

リサイクルが潮流とはいえ、舞台裏を知ると気分がよろしくなくなる場面もあるのね。多分、他の状況下でも。>独断で鮨製造に回した従業員さん&「イグ・ノーベル」賞化学賞受賞の研究者さん

(参考にした記事:
『YOMIURI ONLINE』“期限切れ材料ですし製造販売、ダイエーの千葉・南行徳店
『毎日jp』“イグ・ノーベル賞:化学賞に邦人女性 排泄物からバニラ香”)

あー‥明日からバニラアイスやケーキ見るたびに、連想しそう・・・

[WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

箱の中から重要なお知らせ

お知らせ

賞味期限の日付けが
ことなる製品がござ
います。

ご確認の上お召し上
がり下さいませ。

(以下略)

・・・あの‥確認したくても、箱を開けないと確認できないのですが。日付違いの商品がいくつ入っているのかは。

[確認しないで食べちゃった WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

折れたバットもお箸に再生

プロやアマチュアの選手がプレー中などに折ったバット。そのまま燃えるゴミとして廃棄処分されてしまうのかと思ったら・・・

プロ野球12球団のデザイン入りのお箸として再生、再び使ってもらえるように売り場で再チャレンジを期すとの事。

ひいき球団が違ってる家の場合には、各個人のmy箸の区別もできて便利?

・・・あ、チームの戦い方が不甲斐ないからといって、箸に八つ当たりはしないでね~。

※箸の販売元:
株式会社 アオバ TEL 0770-52-3884

横浜ロフト(横浜市西区 そごう横浜店7階)では、販売しているそうです。

(使用情報元は、NHKニュース 『おはよう日本』「まちかど情報室」“食を彩るアイデアはし”(2006/10/06放送)です)

[バット1本から何膳取れるのだろう? WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

菊理媛を贈ってもらえる方って‥

今日の『テレ宣』で流れた、値段当てコーナーに出てきた御中元用お酒のお値段は・・・おいくら?

スタジオの出演者さんの予想は、「3万円」と「1万3千円」。

紹介役のアナウンサーが舐めさせても貰えない酒が、そんなに安いはずが無い!!!

答えは「5万円」

スタジオで提示された値段うを選ぶ通りすがり(?)の人は、安い方を引いてしまい、お酒の振舞いにありつけず。

しかし・・・・いったい、誰が贈るのだろ??「1本5万円の日本酒」

“吟醸酒を、さらに10年間熟成させました”なんて言われても、味のわかる人に飲んでもらわなくちゃ

もったいないようぅぅうぅぅううう

「アズユーライク」の「カンタータ」コースの方が嬉しくないかい?あまり嗜まない人にとっては。

---

醸造元の開設しているHPを見つけました。

菊姫  (菊姫合資会社)
http://www.kikuhime.co.jp/

お酒の勉強ができるようです。(表題にもある「菊理媛」は、「菊酒」→「吟醸酒」→「菊理媛」)

[もらったら感涙にまみれるかしら? WenWen]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

あなたの中身、なんちゅ~の?(マグロ)

昨日「ゆめタウン」南岩国店でお買い物しようとしてたら、鮮魚コーナーへポスター、というか吊り下げ紙が立ててあった。
周りにたくさん立て下げてある、品名値段表示の紙と同じくらいの大きさだったので、見過ごしてしまいそうな紙だったけど・・・よく見ると、立ててあるのは切り身マグロの置いてある場所。

表題は「おわび」。販売していたマグロの品種に関する不適正表示を農林水産省から指摘され、表示や管理体制に関する改善指示を受けた事に対する内容だった。

ま、魚種が特定できないネギトロ用冷凍マグロを、「ばちまぐろ」「きはだまぐろ」などと表示して販売したら、名前で買ってる方は怒るかもしれないな~。

もっとも、見た目や食感で細かなマグロ魚種を当てられる一般消費者がどれだけいらっしゃるかという疑問もあるけれど。(私を含めてね)

高級マグロ?の名前を付けた分販売価格も上乗せ・・・なんてやってたら、これは別の話になってしまうけれど、このへんはどうなっているのかな?



あ、平成17年11月16日付の農林水産省・発 “株式会社イズミにおけるマグロの加工品の不適正表示に対する措置について”なんて文書を、もののけが咥えてきたわ。

うわ~

(1)使用表示は「まぐろ精製油」→使用現物は「植物油」
(2)使用表示は「酸化防止剤(V.E)」→使用現物は「酸化防止剤(V.C、V.E)」
(3)使用表示は「乳糖」及び「調味料(アミノ酸)」→実際には使用していない

(1)は、「健康効果のある魚油を使用してます」って買い物客を惑わす可能性があるけど、(2)、(3)と進むにつれて、「‥ま、確かに現物と違ってますが・・・」の世界に近づいているかも。ビタミンEのみの酸化防止剤とビタミンCも入っている酸化防止剤なんて・・・区別つくのか?

むしろ、

該当商品(=「刺身用まぐろすき身(解凍)」)の販売を開始した平成14年12月からイズミが展開する12店舗において行われていた

って事の方が、買い物客(と検査をした農林水産省中国四国農政局)のご機嫌を損ねたかもしれない。

あら、イズミさんのウェブページ( http://www.izumi.co.jp/  )にも、pdf文書の形で“マグロの加工品の不適正表示に関するお詫びとご報告”(平成17/11/16付)ってのが登録されてる‥

平成17年12月19日までに改善措置の内容を農林水産大臣宛で報告する内容には、

不適正表示をしていた対象となるマグロ加工品(現物は刺身状態の切り身)は、平成17年6月23日販売分までです

という一文が入るのかしら?

イズミさん、どういう報告になるにしろ、

ふるさと再発見
 山口味じまん

って値札紙や店外幟がしなびないよう、よろしゅうお願ぇします。

---
(本文に明示しなかった参照情報元は以下の通りです)

・11月17日付『中国新聞』社会面“イズミに改善指示 マグロに不適正表示”
・『毎日新聞 Mainichi INTERACTIVE』“マグロ不当表示:管理体制など見直しを 農水省が「イズミ」に指示 /岡山”(2005/11/17)

[WenWen]

---
あれ~?農林水産省( http://www.maff.go.jp/ )に繋がらなくなっちゃったぞ?

農林水産省動物検疫所ホームページ や、独立行政法人農林水産消費技術センター には繋がるのに・・・本省のサーバー回りで保守工事でも実施してるのかしらん?

これでは、農林水産省の本省発の情報が参照できないぞ。
(2005/11/20 12:00 追記)

---
農林水産省 植物防疫所農林水産政策研究所 には繋がるけど、maff.go.jp配下の総合食料局ホームページ 農林水産省統計部ホームページ には繋がらない・・・maffドメインで止まっちゃってるのかな?

(2005/11/20 12:16 追記)

---
あ、農林水産省中国四国農政局のwebページに、アクセスできない平成17年11月16日付の農林水産省・発の文書と同等の文書を発見・・・念の為、手元に保存して置こうっと。

文書の表題は本省のと同じ(pdf文書)。
( http://www.chushi.maff.go.jp/press/11/051116-a.pdf  )

(2005/11/20 12:33 追記)

---

農林水産省本省のサーバへの接続復活したみたいね。もののけが咥えてきたプレスリリース文書も読めるようになったわ。

トラブル原因は何かしら?

(2005/11/20 22:48 追記)

| | コメント (0) | トラックバック (2)